労務管理研修によるパワハラやセクハラの防止

労務管理研修でハラスメント防止

管理者は労務管理を行う上で、熟知しておかなければならないことが数多くあります。就業規則や労働安全衛生、労働基準法など全てを細かく熟知するのはなかなか難しいでしょうが、守らなければならないポイントだけは把握する必要があります。このポイントを学ぶには、労務管理研修がとても有効です。特に現代で問題になっている、働き方改革法案のポイントやハラスメントの防止などの教育は必須と言えるでしょう。ハラスメントについては、ニュースでも取り上げられているにも関わらず、多くの企業や官公庁でも度々発生します。これは、管理者がハラスメントについての知識が不足していることの証です。ハラスメントについて正しい知識を教育し、防止に努めるのが企業の義務です。

ハラスメントは受ける人の感じ方によって決まる

職制を利用してのパワハラやセクハラは許しがたい行為です。しかし、当人はその意識が無いまま行動をしてパワハラやセクハラになってしまう場合があります。これはハラスメントの考え方が以前と変化していることにも起因します。現在のハラスメントの考え方を研修で充分説明する必要があります。ハラスメントかどうかは受ける人の感じ方によって決まってしまいます。単に冗談と受け止める人もいれば、嫌な思いをして真剣に悩む人もいます。人がどの様に感じるのかを意識しながらの行動が必要です。しかし、あまりにもハラスメントを意識しすぎると、管理者が部下に対して適正な指導もできなくなる恐れもあります。そこで研修の際は事例を用いて何がハラスメントに該当するのか、なにがグレーゾーンなのかを丁寧に説明して理解してもらいましょう。