部下の健康を管理する義務について学ぶ

一番重要なのは社員の健康です

企業には社員の健康を守る義務があります。労働安全衛生上から社員が怪我をしたり、病気にならないように配慮しなければならないのはもちろんですが、常日頃の健康管理や定期健康診断なども必要です。企業にとって社員の突然の病気や長期欠勤は大きな痛手となります。業務計画も狂い、休んだ人のフォローも必要になります。全社員に対する健康診断の受診を行ったり、メタボ検診なども必要です。さらに、健康診断を受けさせるだけでなく、そこで問題が発生した人には精密検査の受診や治療を促す必要もあります。これを行うことは、企業や管理者の努めであり、管理者には部下の健康管理の重要性を教育することが必要となります。又、労働安全衛生法の知識も十分に把握して、安全な職場を作る義務もあります。

メンタルの管理も必要

メンタルヘルスについての教育も非常に重要な項目です。働きすぎや複雑な現代社会・仲間とのコミュニケーション不足やいじめなど様々な原因で、メンタルに不調をきたす人が増えています。定期的なストレスチェックが、企業にかせられる様になりました。管理者は部下のメンタルについても、フォローする必要があるのです。メンタルが不調な人には、ラインケアが有効と言われますが、適切なラインケアを行うには知識が必要です。心の病は一歩間違うと、長期入院や自殺など不幸な結果を招く場合があります。職場でも全員がこの知識を共有し、もしメンタルが不調な人が発生したらフォローしなければなりません。しかし、安易な励ましや激励は逆効果になる場合があるため、社員全員が正しいメンタルヘルスの知識を身につける必要があります。