コミュニケーション能力を高める

中堅社員に必要な教育とは

企業にとって、未来を背負って立つ中堅社員の育成は欠かせません。将来の幹部候補として中堅社員が活躍することが、企業の成長に繋がります。中堅社員に行わなければならない教育は幅広く、経理や会計・労働基準法・専門技術など多くの知識を身につけてもらう必要があります。又、専門知識の教育ばかりでなく、会社の業務をスムーズに行うためにリーダーシップやコミュニケーションの能力を高めることも必要です。現代の仕事は一人で完結できるものは少なく、ほとんどの業務はチームで行います。どの企業でも一つのテーマにプロジェクトを組むことが普通です。横にも縦にも繋がって協力することで大きな成果が生まれるのです。プロジェクトを成功させるには、メンバーのコミュニケーションが重要となります。

コミュニケーション能力を高めるには、実践形式で教育する

知識の習得と違って、コミュニケーションの教育はテキストだけでは身につきません。コミュニケーションは自分の意見を主張するだけでは成り立たず、相手の意見も良く聞き、本当に有効な手段を導き出す必要があります。リーダーシップを発揮して、取りまとめる人も必要ですし、事務処理を的確にこなす人も必要です。この能力は、実際の経験で身に付ける必要があります。数名でチームを組ませ、実際にテーマを与えてチームで解決させるなどの工夫が必要です。又、数回の教育が済んだら、実際の職場でチーム実習を行うことも必要でしょう。メールやSNSが発達して、実際に言葉を交わしながら意見交換をする機会が減っています。コミュニケーション能力を高める教育は、今後もさらに重要性を増すことでしょう。